避妊失敗時などにあなたを守ってくれるアフターピルとは?

アイピル性行為というのはもともと子孫を残すための行為ですが、現在では子孫を残す目的だけではなく、愛情を深めたり、コミュニケーションの一つとして行われたりすることが多いです。

しかし、妊娠を希望せずに性行為を行う場合、避妊をする必要があります。

避妊に気を使っていても失敗してしまうことや、避妊ができない状況であるという場合もあります。

こうした場合でも、アフターピルがあれば性行為をした後でも妊娠を防ぐことが可能です。

アフターピルの種類

アンウォンテッドアフターピルは、性行為をしてから72時間以内に服用することで避妊効果が得られるお薬です

しかし、現在日本で処方されているアフターピルには2つの種類があります。

それぞれの種類で配合されている成分や飲み方に違いがあります。

ヤッペ法

ヤッペ法のアフターピルは、性行為をしてから72時間以内に1錠服用し、そこから12時間後に1錠服用します。合計2回2錠を服用することで避妊効果が得られるお薬です。

これらのアフターピルはプラバノール錠とも呼ばれ、元々は避妊用ではないピルとして処方されていました。また、価格は比較的安いですが、副作用が強く出る傾向があります。

ノルレボ法

同じアフターピルですが、性行為後72時間以内に1錠服用するだけで避妊効果が得られます。また、ノルレボ法というのは、ヤッペ法の欠点を補って開発されたピルなので、副作用が出にくく、非常に服用しやすいです。

どちらのアフターピルを選ぶも自由ですが、体に負担をかけずに服用しやすいのはノルレボ法のピルです。1度の服用なので飲み忘れもありませんし、副作用も起こりにくいので、ピルに抵抗を感じている方でも服用しやすいでしょう。

どうして避妊できるの?

使い方を教える女性アフターピルを服用すれば、性行為で膣内射精したあとでも避妊ができます。しかし、どうして性行為をした後でも避妊効果が得られるのでしょうか。

まず、女性の体というのは約1ヶ月に1度のペースで排卵します。排卵することで体が妊娠できる状態になります。そして、その準備期間に受精卵が着床しなければ、女性ホルモンが分泌されて生理という現象が起こります。

アフターピルを服用することで、人工的に女性ホルモンの量を増やします。そうすることで、子宮内膜を無理やり剥がし妊娠を阻止します

服用するまでに着床していればアフターピルの効果は得られない

通常、精子と卵子が合体して受精卵になった場合、子宮内膜に着床するまでの期間は7~10日程度あります。

アフターピルを性行為後72時間以内(3日)以内に服用することで、その間に子宮内膜を剥がして受精卵が着床するまでの間に生理を引き起こします。

また、アフターピルというのは受精卵が着床する前の段階に効果があるお薬です。服用するまでに着床していればアフターピルの効果は得られません。たまに、アフターピルは中絶効果があると思っている方がいますが、中絶効果は全くありませんのでご注意ください

アフターピルの正しい飲み方

水を飲むアフターピルは、正しく服用すれば高い避妊効果があります。しかし、服用方法を間違っていれば避妊効果は低くなります。せっかく服用したのに避妊できなかった…ということにならないように、正しいアフターピルの服用方法を抑えておきましょう。

先程、アフターピルにはヤッペ法とノルレボ法の2種類があるとお伝えしました。どちらのアフターピルも手に入れることができますが、どちらも基本的には72時間以内に服用する必要があります。72時間以内であればいつ飲んでも効果は同じということではなく、早く服用するほど避妊効果は高まります。よって、できるだけ早く服用するようにしましょう。

避妊の成功率

避妊の成功率ですが、時間の経過とともにどれくらい変わるのでしょうか?

24時間以内に服用した場合…避妊成功率95%以上

25~48時間以内に服用した場合…避妊成功率85%以上

49~72時間以内に服用した場合…避妊成功率58%以上

上記の数字を見て分かるように、服用するタイミングが遅れるほど避妊成功率は低下していきます。
各製薬会社は72時間以内の服用を推奨していますが、72時間を経過すると全く効果がなくなるというわけではありません。

そのため、服用するタイミングが遅くなってしまっても諦めないようにしましょう

副作用について

ピルに悩む女性アフターピルは、低用量ピルに比べて配合されている女性ホルモンが多く、作用も強く働きます。そのため、副作用が起こりやすい傾向にあります。どんな薬であっても、作用が強いお薬というのは副作用が起こりやすいので覚えておきましょう。

ただ、必ず作用が強いお薬は副作用が起こるのか?といえば、そうではありません。症状の程度には個人差がありますので、なかにはアフターピルを服用してもほとんど副作用を感じなかったという方も居ます。

実際、人それぞれ体質や感じ方は違いますので、自分自身で服用してみなければ、どのような症状を感じるのかは分かりません。

アフターピルに多い症状は吐き気

アフターピルの主な副作用には吐き気、頭痛、胃痛などが挙げられます。この中でも多くの方が感じるのは「吐き気」です。

もしも、吐き気を我慢できずに吐いてしまった場合、再びピルを飲み直さなければならない場合があります。どんなときに飲み直さなければならないのかというと、「ピルを服用してから2時間以内に吐いてしまった場合」です。

服用してから2時間経過していない場合には、薬の有効成分が体に行き渡っていません。よって、その時には再びピルを服用しなければなりませんのでご注意ください。

不妊症になることはありません

アフターピルの副作用は、どれも一時的なものです。時間の経過とともにどんどんと症状は薄れていきますので、心配する必要はありません。ただ、どんな症状が起こるか分かりませんので、服用後は安静にしておくことをおすすめします。

副作用が起こった場合でも、後遺症が残ることはありませんし、不妊症になることもありませんので安心してください

副作用を軽減させる方法がある!?

アフターピルを飲まなければならない緊急事態ということは分かっていても、副作用が心配で飲みたくない!という方も中にはいるのではないでしょうか?しかし、アフターピルの副作用を抑える方法があります。

食事をしてからピルを服用する

食事どんな薬でも、胃に食べ物が残っている状態で服用することで胃を荒らしません。また、食物と一緒に成分が吸収されますので、より有効成分が吸収されやすいです。

酔い止めと一緒に服用する

乗り物酔い止めアフターピルの吐き気を緩和させるには酔い止めが一番です。他の薬と一緒に服用しても大丈夫なの?と心配に感じるかもしれませんが、酔い止めであれば併用しても問題ありません

酔い止めは市販の薬でも問題ありませんが、病院でアフターピルを処方してもらう際に吐き気止めの薬を一緒にもらうこともできます。

1錠タイプでなく2錠タイプを選ぶ

マドンナアフターピルには1錠で効果を実感できるものと2錠服用しなければ効果を実感できないものがあります。最近では飲み忘れがない1錠タイプのアフターピルが人気ですが、どうしても1度に摂取するホルモンの量が多いので、副作用が出やすくなります。

2錠タイプであれば、飲み忘れに気を付けなければなりませんが体にかける負担が少なく、副作用の心配も抑えられます

避妊成功の判断基準

避妊成功アフターピルは非常に安全性が高く、避妊成功率が高いお薬です。しかし、服用すれば100%で避妊が成功するというものでもありません

では、アフターピルを服用して避妊に成功したか失敗したかというのは、どのような基準で判断できるのでしょうか?

アフターピルで避妊に成功したかどうかというのは「生理」にあります。

アフターピルは子宮内膜を無理やり剥がして生理を引き起こすという働きがあります。よって、服用してから生理のような出血があれば避妊成功となります

消退出血

ちなみに、自然に起こる生理と無理やり生理を起こす場合も同じような経血ですが、無理に生理を引き起こす場合には消退出血と呼びます。

どのくらいのタイミングで出血が起こるのか?と言うと、一般的にアフターピルを服用してから3日後~3週間後です。

多くの方は服用してから1週間以内に消退出血がきますが、1週間を過ぎても出血がなくても心配する必要はありません。

どうして消退出血のタイミングが違うのか

処方箋を出す医師消退出血が起こるタイミングというのは人それぞれ違います。誰でも早く避妊が成功したかどうか確認したいのは山々ですが、こればかりは待つしかありません。

どうして人によって消退出血のタイミングが異なるのかというと、生理日に違いがあるからです。

アフターピルを服用したのが生理の終わったすぐ後であれば、次の生理と一緒になる場合がありますので消退出血が遅い、もしくはないこともあります

また、出血量に関しても個人差があります。出血の量というのは排卵日が関係しており、アフターピルを服用したのが排卵日のすぐ後であれば、子宮内膜の厚みが少ないので出血量が少なく、排卵日から日が経っていれば通常の生理と変わらない出血量となります。

こんな場合は病院へ

アフターピルを服用すると消退出血があります。消退出血がくるタイミングには個人差がありますが、3日~3週間の間に消退出血がない場合には妊娠している可能性があります。

アフターピルを服用してから3日経過するまでに出血した場合、婦人系の病気や子宮外妊娠の可能性があります

また、3週間を経過しても消退出血がない場合には妊娠している可能性がありますので検査を受けましょう。消退出血がなければ必ず妊娠下というわけではありませんが、妊娠の可能性は高いでしょう。

アフターピルはあくまで緊急用

良いムードになったけど…アフターピルというのは性行為をした後でも避妊効果が得られますのでとても便利です。素敵な男性といい雰囲気になったけど、コンドームがない!そんなときに「ゴムがないからセックスNG」となればせっかくのチャンスをのがしてしまいますし、嫌われる可能性もあります。

しかし、こんなシチュエーションで毎回避妊をせずに性行為をしていれば妊娠のリスクは高まります。ただ、だからといって毎回アフターピルを使用するのもNGです。

アフターピルはあくまで「緊急用」のお薬です。確実な避妊はできますが、アフターピルは体に負担をかけてしまうお薬なのでできるだけ使わない方向が望ましいです

そのため、普段は他の避妊方法を選ぶようにし、万が一失敗したときだけアフターピルを使用するようにしましょう。

こんな場合は病院へ

手術普段からピルを使用するのであれば、アフターピルではなく低用量ピルを選びましょう。

低用量ピルであれば、男性が避妊を嫌がった場合でも妊娠を防げますし、肌荒れ改善や婦人系の病気予防効果もあります。

普段使いにぴったりな低用量ピルやお守り代わりにぴったりなアフターピルというのは、通販から購入できます。

個人輸入代行と呼ばれる通販サイトではピル以外にも避妊用フィルムもあります。妊娠検査薬なども販売されていますので、一緒に注文しておくと万が一のときにすぐ対応できて便利です。