あなたを望まない妊娠から守るピルのことを知り通販で買ってみよう!

目次

ピルは大きく2種類に分けられる

どこで買えるの?

人気の低用量ピルをご紹介

低用量ピルはこんな人におすすめ!

人気のアフターピルをご紹介<

アフターピルの正しい使い方

ピルの基本情報

ピルの普及率

ピルとの付き合い方

妊娠のメカニズム

意外と知らない!色々な避妊方法

避妊についてきちんと考えよう

自分の体は自分で守る

他の記事を読む

そもそもピルってなに?

振り返る女子世の中には色々なお薬があります。その中には女性専用のお薬があります。女性が服用するお薬として広く知られているのは「ピル」というものです。ピルとは予定外の妊娠を防ぐためにある経口避妊薬です。

ただ、一口にピルと言ってもいくつか種類があります。それぞれの種類で配合されている女性ホルモンの量が異なり、体内のホルモンバランスを調節することができます。

ホルモンバランスを調節することによって、生理周期を正常にする、生理痛を緩和する事が可能です

また、ピルというのは避妊目的で服用されるお薬でもあります。避妊に失敗してしまった、男性が避妊をしてくれないという場合でも、ピルを服用することによって自分自身で避妊ができます

ピルは大きく2種類に分けられる

ピルは「低用量ピル」と「アフターピル」という2種類に分けることができます。それぞれで配合されている女性ホルモンの量が異なり、服用方法や作用に違いがあります。

低用量ピル

マーベロン低用量ピルというのは、少量の女性ホルモンが配合されており、21~24日かけて服用を続けていきます。そして、4~7日間薬を服用しない休薬期間を設け、再び21~24日かけてピルの服用を開始します。

常に一定の女性ホルモンを体内に投与することで、体内が妊娠中と同じ環境になります

アフターピル

アイピルアフターピルは緊急避妊薬とも呼ばれるお薬です。主に避妊に失敗した時に用いる医薬品です。低用量ピルに比べて配合されている女性ホルモンの量が多く、子宮内膜を強制的に剥がすことができます。そうすることで、受精卵の着床を防ぎ、避妊効果が得られます。

しかし、作用が強い分副作用も強くなりますし、体にも負担をかけることとなります。よって、アフターピルは常用できません。

どこで買えるの?

医者の処方箋ピルは処方箋が必要なお薬です。そのため、ドラッグストアでは販売されておらず、病院や診療所などの医療機関へ行かなければなりません。

ただ、現在では病院へ行かなくても通販を利用してピルを購入できるようになっています

病院で購入する場合と通販を利用して購入する場合、どちらでも同じ種類のピルを購入できますが、現在では通販を利用して購入される方が多いです。

その理由としては、

・手間がかからない

・時間や場所を気にせず購入できる

・安い

ということが挙げられます。

病院でピルを処方してもらう場合、当然病院まで足を運ばなければなりません。近くに産婦人科がない場合や仕事の都合で診察時間内に行くことが難しい方も居ますが、通販を利用すれば時間も場所も気にせずピルを購入できます。

ピルは通販の方が安く購入できる

スマホで購入するまた、病院と同じ種類のピルでも通販の方がかなり安いです。

そして何より、避妊のためにピルをもらうとなれば、行くのが気まずい…と感じます。プライバシーを配慮してくれている病院も多いですが、それでも周囲のことが気になります。

ただ、通販であれば周囲のことを気にせずピルの購入ができます

手軽!便利!安い!といった三拍子そろった通販という購入方法は、現在多くの女性が利用しています。

ピルを販売している医薬品の通販サイトでは、ピル以外の医薬品も数多く取り揃えていますので、自分の体調や症状に合わせてまとめてお薬を購入することができます

人気の低用量ピルをご紹介

ピルでの避妊を考えているなら、体に優しい低用量ピルをおすすめします。

ただ、低用量ピルにもいろいろな種類がありますので、ここでは人気の3種類をご紹介します。特徴を知って自分に合っている低用量ピルを見つけよう。

トリキュラー

トリキュラー日本で最も普及している種類のピルになります。トリキュラーの他にもアンジュ、ラベルフィーユといった種類のピルも同じ仲間になります。

トリキュラーにはLNGという種類の黄体ホルモンが配合されており、子宮内膜の環境が安定します。いろいろな種類の低用量ピルがありますが、トリキュラーは不正出血などの副作用が起こりにくく、休薬期間に正しく生理がくるという特徴があります

トリキュラーを購入する

マーベロン

マーベロンマーベロンに配合されている黄体ホルモンはDSGという種類で、マーベロンの他にもファボワール錠が同じ仲間の低用量ピルになります。マーベロンの特徴として、男性ホルモンの作用が弱く、美肌効果もあるということが挙げられます

ほかの低用量ピルでも肌荒れ改善の効果がありますが、マーベロンの場合には早期に効果が現れます。通常は3ヶ月ほど服用しなければ肌荒れ改善効果は現れませんが、マーベロンは服用してから1ヶ月ほどで効果が現れます。ただし、むくみなどの副作用が現れることがあります。

マーベロンを購入する

ヤーズ

ヤーズヤーズは超低容量ピルです。低容量ピルよりも女性ホルモンの配合量が少なく、保険が適用される種類のピルです。有効成分には黄体ホルモンのドロスピレノンが配合されており、体内に存在しているホルモンととても似ているので自然に作用します。

また、この成分には水分の排出を助ける作用もありますのでむくみにくいとく特徴があります。さらに、肌荒れの原因となる男性ホルモンの働きも抑制しますので、大人ニキビなどの肌荒れを起こしくいです

ヤーズを購入する

低用量ピルはこんな人におすすめ!

確実に避妊したい

低容量ピルは用法用量を守り、正しく服用すればほぼ100%避妊することができます。ピルを服用することによって、体内が妊娠中と同じ環境になり、妊娠を防ぎます。

生理痛軽減

生理が来るたびに強い生理痛があるという方は多いです。痛みには個人差がありますが、かなり症状が強い人では日常生活を送ることが困難になります。そういった場合、低用量ピルを服用することで生理痛をはじめ、腰痛や頭痛、イライラなどの症状を軽減させることができます

生理周期を正常にする

ホルモンバランスの乱れやストレスなど様々な要因で生理周期が乱れます。また、生理がきたりこなかったりという生理不順の症状も低用量ピルを服用することによって、毎月決まったタイミングで生理が訪れるようになります

婦人系の病気リスク軽減

女性特有の子宮体がんや卵巣がんなどの婦人病になる可能性は誰にでもありますが、低用量ピルを服用することで体内の女性ホルモンバランスが一定になり、婦人系の病気発生リスクが軽減されます

人気のアフターピルをご紹介

性行為をする時、避妊をしたにも関わらず失敗してしまった…という経験はありませんか?こうした場合、とても焦ることとなりますが、アフターピルがあれば焦る必要はありません。

お守り代わりとして携帯している女性が多く、万が一の事態でもすぐに対応できます。ここでは、人気のアフターピル2種類をご紹介します。

アイピル

アイピルアイピルは緊急避妊薬として世界的に有名なお薬です。有効成分はレボノルゲストレルで、受精や受精卵の着床を抑制する作用があります。性行為をしてから72時間以内に1錠を服用すれば高い避妊効果が得られます。

アイピルを購入する

アンウォンテッド72

アイピルこちらもアイピルと同じレボノルゲストレルが有効成分となっています。服用方法や得られる効能に関してはほとんど同じですが、アイピルに比べて有効成分量が少ないので副作用が起こりにくく、価格も安いという特徴があります。

アンウォンテッド72を購入する

アフターピルの正しい使い方

使い方を教える女性アフターピルは緊急避妊薬です。低用量ピルの場合は避妊以外にも生理周期のコントロールや大人ニキビ改善などの目的で使用できますが、アフターピルは緊急用に使用するお薬です。低用量ピルに比べて有効成分も強いので、体に与える負担も大きくなります。よって、常用はできません。

ただし、コンドームを使用していても避妊ができていなかった、男性が避妊を嫌がって膣内に射精した、性犯罪に巻き込まれたということもありますので、そうした場合にアフターピルがあれば安心です。

ピルの基本情報

ピルというお薬があることは知っていても、ピルっていつからあるんだろう?どのくらいの人が使用しているんだろう?と知らないことが多いでしょう。今後ピルと深く関わっていくためにも、ピルの基本情報を学んでいきましょう。

ピルの歴史

薬を説明する医師1930年代にアメリカ人が採取した山芋の中に、生理痛を軽減させる成分があることを発見したことが始まりと言われています。

そして、ピルという医薬品が初めて誕生したのはそれから約30年後の1960年です。しかし、アメリカで初めて認可された当時は、胃腸の障害や静脈血栓塞栓症などの副作用があるとして、広く普及することはありませんでした。

ただ、当時のピルは成分の配合量が多い高用量ピルと呼ばれるものでした。そして、改善を重ねた結果、1973年に体に優しい低用量ピルが開発されました

日本で初めてピルが発売されたのは1957年です。ただ、その当時は高用量ピルしか普及しておらず、副作用を発症する方が多く居ました。よって、「ピル=副作用が強い薬」として印象づけられてしまいました。

日本で低用量ピルが発売されたのは1999年

女性のニーズに合っている日本で低用量ピルが発売されたのは1999年で、国連加盟国の中でもかなり遅い普及となりました。

現在では低用量ピルの認知度も高まり、ピルのマイナスイメージも払拭されつつあります。そのため、避妊でピルを活用する方が増えています。ピルは正しく利用すれば女性特有の悩みを解消したり、避妊目的に服用できたりします。

現在ではピルの種類が増え、ニーズに合った活用ができるようになっているので、とても多くの方に支持されています。

ピルの普及率

処方箋を出す医師現在ではピルの認知度は高まっていますが、日本女性の利用者は世界的に見るととても少ないです。

とくにヨーロッパではピルの普及率は30%以上と高く、アメリカでも15%前後の普及率があります。それに比べ、日本はピルの避妊率は1%とかなり低い数字であることがわかります。

というのも、日本は処方箋がなければピルを購入できない、保険適用外なので高額な費用がかかってしまいます。

海外ではドラッグストアで購入可能

一方、海外ではピルは処方箋が不要なお薬なので、ドラッグストアで購入可能です。また、価格も数百円程度で気軽に購入できます。

現在では、個人輸入代行という方法で海外の医薬品を気軽に購入できるようになっています。そのため、日本で購入すれば高額となってしまうピルでも安価に購入できます。

ピルとの付き合い方

子供が欲しい女性ピルというのは正しく服用すればほぼ100%で避妊ができます。服用している間は高い避妊効果がありますし、避妊の必要がなくなればピルの服用をやめれば妊娠できる体になります。

自分とパートナーがお互いに子供がほしいという気持ちが一致した場合にはピルを服用する必要はありません。しかし、そうでない場合にはピルなどを使用して避妊する必要があります。

望まない妊娠をしてしまった場合には、そのまま妊娠を受け入れる覚悟をするか中絶手術をすることとなります。どちらを選択するとしてもとてもつらいことですが、とくに中絶手術を選択した場合には体力的にも肉体的にも辛い思いをすることは確実です。

健康でありながら子供を産みたくない

近年では、結婚をしていても子供を持たないという選択をする夫婦が増えています。子供を産まない選択の理由には、収入面での不安、仕事の都合、心身共に負担が大きいからというようなことが挙げられます。

総務省の調査では、毎年子供の日にちなんで子供の数に関するデータを発表しています。子供の数は1982年から2017年までの36年連続減少傾向にあり、現在では1571万人と言われています。

健康上の理由で子供を産めない方もいますが、健康でありながら子供を産みたくないという方が増えると、日本の子供の数はどんどんと少なくなっていくことでしょう。

今後、日本の少子化を食い止めるためには、子供を産みたいと思える環境を整えることが大きな課題となるでしょう。

妊娠のメカニズム

手術性行為というのは、本来は子孫を残すための行為です。本能のままに性行為を行ない、膣内に射精すると妊娠する可能性が高まります。まだ子供がほしいとは思っていないという方も、妊娠のメカニズムを知っていなければ正しい避妊をすることはできません。そこで、わかりやすく妊娠のメカニズムをご紹介します。

排卵

女性の体内には2つの卵巣があります。その卵巣には卵胞という細胞がたくさん存在しています。数ある卵胞の中から1つだけが卵子として成長し、約28日に1回のペースで卵巣から卵管采というところへ届けられます。この流れは排卵と呼ばれます。

射精

男性の精巣には数億個の精子が毎日生成されています。そして、その精子というのは性行為で膣内に射精されることによって卵管へ移動します。1度の射精で1億以上もの精子が送り込まれ、卵管に到着するまでの間に精子は99%死滅します

受精

排卵された卵子と卵管にたどり着いた精子がタイミングよく合体することで受精卵が誕生します。受精卵になると他の精子は中に入れないように壁ができるようになります。そして、ゆっくりと受精卵が細胞分裂を行ない、子宮に移動していきます。

着床

受精卵は子宮内膜にたどり着くまで7~10日ほどの期間をかけます。その間は細胞分裂を繰り返します。着床した段階で、ようやく妊娠ということが判断されます。

女性は、妊娠をすることで体に変化が起こります。兆候には個人差がありますが、生理が止まる、味覚が変わる、眠気が続く、基礎体温が高くなる…というような症状が起こります。

こうした症状が現れた場合には妊娠している可能性がありますので、医師の診断を受けるようにしましょう。

意外と知らない!色々な避妊方法

避妊方法といえばコンドームが一般的ですが、実はその他にも様々な避妊方法があります。道具を使う方法もあれば、お薬を飲む方法もありますし、手術をするという方法もあります。ただ、それぞれの避妊方法にはメリット・デメリットがありますので、今後確実な避妊をするためにもどんな避妊方法があるのか?知っておきましょう。

コンドーム(男性用)

コンドーム避妊方法の中で最もメジャーです。ペニスが勃起した状態で装着するゴム製の袋です。コンドームを装着していることによって、膣内で射精したとしても侵入を防ぐことができます。ドラッグストアやコンビニなどで購入することができます。正しく使用すれば高い避妊率を誇りますが、残念なことに正しく使えている方はあまり多くないようです。

コンドーム(女性用)

女性用コンドーム膣の内側にゴム製の袋を装着します。形状は男性用コンドームとよく似ており、どんなタイミングでも装着することができます。現在、国内での販売は終了していますので、購入する場合には個人輸入などの通販を利用することとなります。

ペッサリー

ペッサリー子宮口に精子が侵入しないようにフタをするものです。ただし、性行為をしているときにペッサリーがずれてしまう恐れがありますので、殺精子剤のゼリーを塗布します。購入する際には産婦人科の診察を受け、自分のサイズに合うものを作ってもらいます。

殺精子剤

マイルーラ性行為を行う前に精子の活動を麻痺させる薬剤を使用して避妊する方法です。高い避妊効果が得られますが、使用してから一定時間待たなければ効果は得られません。殺精子剤にはゼリー、錠剤、フィルム、スポンジなど様々な種類があります。
ドラッグストアでも購入できる店舗塗装でない店舗がありますが、通販であれば確実に購入可能です。

ピル

トリキュラー女性ホルモンが配合されている薬剤で、排卵を止めます。そうすることで、膣内に精子が侵入してきたとしても妊娠することはありません。

ピルは継続的に服用する必要がありますが、正しく服用していれば、ほぼ100%の確率で避妊が成功します。ただし、人によっては吐き気や頭痛などの副作用が起こることがあります。ピルは、産婦人科や通販によって購入することができます。

IUD(子宮内避妊用具)

IUD子宮内に小さな器具を装着し、避妊効果を得るという方法です。装着することによって受精卵が子宮内膜に受精できなくなりますので、避妊効果が得られます。装着する際には医師に行なってもらう必要がありますが、一度装着すると2~5年間ほど避妊効果が持続します。

ただし、生理時の出血量が増える、出産経験のない女性は装着が困難という短所もあります。IUDで避妊をする場合には、産婦人科へ行く必要があります。

リズム法(基礎体温法)

体温計基礎体温を計ることで、排卵日を推定するという方法です。妊娠しやすいタイミングというのは排卵日なので、自分で排卵日を把握しておくことで危険日を避けることができます。体温計さえあれば誰でもいつでも基礎体温を計ることができます。しかし、計り忘れや間違いによって排卵日を間違える恐れがあります。

避妊手術

女性は卵管、男性は精管の通路となる部分を防グ方法です。その際、切断してしまう方法もありますが、糸で結んで一時的に通路を防ぐことも可能です。避妊効果は高いですが、一度手術をしてしまうと今後妊娠しにくい体になってしまいます。また、体にも金銭的にも負担をかけることとなります。

避妊についてきちんと考えよう

男性といい雰囲気になったから、避妊をしないままセックスをしてしまった…という経験はありませんか?世の中にはこうした経験を持った女性がたくさんいて、実際に「まあ、いっか」と許してしまった1回で望まぬ妊娠をしてしまう方も居ます。

ここでは、女性の避妊失敗談を少しご紹介しましょう。

女性〈20代〉

体験談を話す女性10代のときに付き合っていた彼氏は、付き合って最初の1ヶ月位は毎回コンドームを付けてくれましたが、その後は何かと理由をつけて付けてくれませんでした。今日は危険日ということを伝えていても中に出されることもあって…。そして1度妊娠してしまったんです。

そのことを伝えると、すごく焦っていて、結局は音信不通になりました。その時は経済的にも心にもゆとりがなかったので、親にも内緒で中絶しました。中絶したときはすごく心が傷ついて男性不審に陥ったのですが、今ではだいぶ落ち着きました。それ以来、セックスをするのが嫌になったのですが、今の彼氏はそのことを知っているので、無理にセックスしませんし、するときにはちゃんと避妊してくれます。

今の彼氏と出会って、男性の中にもちゃんと女性のことを考えてくれている人が居るんだなぁと気づかせてくれました。

女性〈30代〉

体験談を話す女性つい最近2年ほど付き合っていた彼と別れました。

その理由は「私のことを大切に思っていなかった」からです。その彼はコンドームが苦手ということだったので、わたしがピルを飲んで避妊していました。

2年間ピルを飲み続けていたのですが、毎回ピルを病院でもらうのも面倒でしたし、金銭的な負担も大きいので、ピルの服用をやめたくて、彼にコンドームを付けてもらうように相談したんです。しかし、彼はそんなことを聞いてくれず、それなら浮気するとまで言い出しました。わたしは、そんな男性とは結婚できないと思いますし、今後付き合っていてもいい関係を築けないと考えたので別れました。

多分、本当に女性のことを考えてくれる男性は、女性がなにも言わなくても避妊をしてくれると思います。なので、今になって思えば、私もそれまでの女だったのかな…と思います。次に付き合う人は、絶対にわたしのことを大切にしてくれる人がいいです!

自分の体は自分で守る

女性が主体的に避妊を現在主流となっている避妊方法は男性が装着するコンドームです。しかし、実際には男性用コンドームの他にも多くの避妊方法があります。また、その多くは女性が主体になって行なう避妊方法となっています。

男性の中には、性行為をするときに感度が下がるということで避妊をしたがらない方も居ます。しかし、だからといってそれを受けて入れてしまえば、あなた自身が妊娠してしまう恐れがあるのです。その時の雰囲気に流されてしまった、避妊具を持っていなかったから…といって避妊をせずに性行為をすると、あとで取り返しの付かないことになるかもしれません

そうならないためにも、女性が主体になって積極的に避妊をするようにしましょう。最近ではわざわざ病院へ行かなくても、通販から購入できる女性用の避妊具もあります。また、体に負担をかけない、安価な避妊具もあります。

自分に合った避妊方法は必ず見つかりますから、色々と知って試してみると良いでしょう。

他の記事を読む